読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

最近。

 

おじさん風のおばさんや。

 

 

おばさん風のおじさんをよく見かける。

 

 

 

 

性別の枠はどんどん薄れて、いつかは、おねしょしたり、赤子みたいに。

 

 

 

 

還る場所は同じ。

 

 

 

 

 

天国だったのだろうか。

 

地獄だったのだろうか。

 

 

 

 

 

もしインド哲学における輪廻転生があるとするなら。

 

 

 

 

 

 

 

なまこ希望。

 

 

 

 

 

 

------------------

 

 

 

 

 

 

= 極私的 つけ麺世界ランキング  2017現在 =

 

 

 

 

 

 

まず、おれにはこのランキングをつける資格があることをここに宣言しよう。

 

  

 

とても食っているからだ。

 

つけ麺を。

 

 

 

 

ランキングに新宿が多く、こいつ、もしかして新宿でしかつけ麺食ってねぇんじゃねえか?と思われそうだ。

 

 

 

 

 

 

ノーノーノー。

 

  

誤解しないでいただきたい。

 

 

 

 

 

たまたまレベルが高いのだ。

 

新宿。

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 風雲児 (新宿)

 

 

 f:id:nakashimaqio:20170127164843j:image

 

言わずと知れたつけ麺界の「風雲児」。すごい人気店でも時間帯によって”並び”(人気バロメータ)にムラが出るのだが、風雲児は一定。オープン時間帯過ぎたらずっと並んどる。それくらい凄い。凄まじく美味い。仕事が丁寧。なんだかつけ汁フルーティ。どんだけ時間かけて作ってるんだと、強いこだわり溢れる一杯。元ホテルマンの素晴らしいホスピタリティを持った店長(サーファー風)が出迎えてくれます。世界1位。

 

 

 

 

 

 

2. 翔 (新宿)

 

 

f:id:nakashimaqio:20170127164854j:image

 

都内の塩ラーメンではトップクラスの人気店。とても有名な翔。普通のラーメンも最高なのに、つけ麺がバリうまい。トッピングの宝庫。ローストビーフ、鶏胸肉など、4種類くらいの肉がちょっとずつ入ったり、乗ったりしている。少し乗ったわさびがとても上品。しっかりした鶏白湯のつけ汁。濃さにも抜かりなし。世界2位。

 

 

 

 

 

 

 

3. 魚雷 (熊本)

 

 

 f:id:nakashimaqio:20170127164902j:image

 

唯一都外からランクインの熊本の魚雷。なんといってもカレーのルー(ザラザラ)トッピング。これが革新的な旨味であり、ほかに見たことない。魚介系の王道を行く味ながら、ちゃんとその先まで到達している。九州ラーメン界の良心。熊本でつけ麺食うなら魚雷。他は行かんでよろしいよ。世界3位。

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 五ノ神製作所 (新宿)

 

 

f:id:nakashimaqio:20170127164910j:image 

 

全国的にはまだ所縁のない海老つけ麺を展開する当店。この店も凄まじい人気店。見た目通りのおしゃれな味付けにより、女性客がとても多い。僕は毎回、海老トマトつけ麺(バジル付き)を食べます。トマトの酸味、肉と海老の旨味でなんだか爽やか。でも味しっかり。ここでしか食えない味。三回目にハマります。世界4位。

 

 

 

 

 

 

 

以上、つけ麺、世界ランキングをお送りした。これを見て来店した方。一回目でピンと来ないこともあるだろう。でも二度、三度来店してみてほしいと思う。素晴らしい芸術はその奥深さゆえ、一度じゃその良さに気付けないのです。レッドツェッペリンなのです。ご静聴ありがとう。さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nakashimaqio:20170127164927j:image

 

二郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170126234836j:image

 

 

 

人間の本質が炙り出される感覚。

 

悲しく純粋。

涙。

 

 

 

 

 

 

実在した異形人、ジョン・メリックを題材にした映画。 

 

 

 

若かりしアンソニーホプキンスも出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170126125124j:image

 

シンゴジ風、ねこ。

 

 

 

 

 

 

 

DVDを買うのか、買わないのか、おれ。

発売日は3月22日。

 

 

 

 

映画館に3回も観に行ったにも関わらず、多分買わないかな。

 

 

 

映画のDVDって買う前は盛り上がるんだけど。 

買うと観ない。

 

 

 

レンタルしてる ”期限付き” てのがいいんだと思う。

 

いつも返す前にバタバタ観てる。

 

 

 

 

そういう強制力、あえて作って、なんだかんだ追われ気味でこなす。

 

 

 

 

そうでもせんといつもダラダラ。

 

ライブもそう。

 

 

 

 

 

やんないでいいなら、やんない。

 

逃げれないようにしないと。

 

 

 

 

 

好きなことでさえ、そう。

 

まずいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DVDだ。

 

 

 

もう買わんでええかなぁ。

映画のDVDは。

 

 

 

 

実際、観たい時に借りたとしても、買った3〜4000円には満たないし。

 

ただの所有欲。

 

 

 

 

 

荷物は少なく。

 

 

 

 

 

ゴミ屋敷みたいな愛情も、わからんことはない。

紙一重。

 

 

 

 

 

 

増やす時期と。

 

減らす時期。

 

何が残るか。

 

 

 

 

 

そうやって。

 

自分と世界との間合いを、生きてる年数かけて、ちょっとづつちょっとづつ、計っていってる感覚。

  

おれはあんまり大振りしないから、微調整、微調整って感じで。

 

 

 

 

そうやって培った哲学を、音楽に落とし込んだり、文章に落とし込んだり、写真にしたり、友達に話したり。

 

 

 

 

 

そういうのが。

ずっと面白いと思ってる。

 

 

 

 

 

好みや、気持ち良さっていう、目に見えない”感覚”の探求は、世界との相対性の中にあって。

 

 

 

おれのばあい、

 

言葉に主軸を置きながらも。

 

 

 

 

 

そこんとこ。

 

もっと精度を上げたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが。

 

 

毎日思うこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 

一月も後半に突入し、一年で最も外気温の下がる時期になった。

 

 

私は心から何もする気が無くなり、夏の暑さのように生命の危険信号から命の根本を鼓舞され、逆に舞い上がろうとすることもせず、ただただ平穏だけを心掛ける。

 

 

しかしながらのボロアパートであり、目的を持ち、毎日何か少しでも”向上していっている”という実感が無いと、ただ過ぎる日々と30を過ぎ成長の止まった身体とのコントラストが精神を迷わせ、酔わせるので、一年で最も苦手な季節との共存は幾ばくしんどい。

 

 

いっそ全てを放棄したくなる朝、毎日だが、放棄したところで後々困るのは自分だという人並みの責任感がなんとか仕事に向かわせているだけの棒人形。 

 

 

暖かくなった時に大きく飛び立てることだけを願い、今日は仕事に出た勢いをきっかけにレコーディング用のギシギシいわない椅子を買いに行く。

 

  

こんなんでいいのかわからない。は何も岡村ちゃんだけの言葉ではない。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 

ボンイヴェール(髭) から年末のホセゴンザレス(髭) に至るまで。

 

見て見ぬフリしまくった来日公演。

 

 

 

 

ついにスルー出来ない案件が。

 

 

 

 

 

 

 

6000円。

 

 

余裕。

 

 

 

どんとこい。

 

 

 

f:id:nakashimaqio:20170120235001j:image

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170119222026j:image

 

九龍城砦に5本指ソックスを買いに行ったり

 

 

f:id:nakashimaqio:20170119221144j:image

 

イレイザーヘッドからピンクフラミンゴをハシゴしたり

 

 

f:id:nakashimaqio:20170119221226j:image

 

ミニアンプのリズムボックスで遊んだり

 

 

 

 

 

刹那的生活が行われている。

 

 

 

 

 

 

 

特に生産性はない。 

 

 

 

 

この後も。

 

 

 

 

エレファントマン、

ファニーゲーム

トライブコールドクエストのドキュメンタリーなどが控えている。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 

アクセス数。

 

増やしたかったら自撮りをアップすることらしい。

 

 

 

 

なるほどなるほど。

 

誰が言ったが知らんが、とてもよく分かる。

 

 

 

 

この国の人気ブログなんて大体そんな感じだ。

 

  

 

 

少々変な顔でも、見慣れるといつの間にか気にならなくなるらしい。

 

庶民感覚が勝る。

 

 

 

 

AKBの投票王者はそうやって三度も夢を見せ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん。

 

 

 

 

 

何の話だ。

 

 

 

 

 

--------------------

 

 

 

 

 

 

「自分の映ってるカットをできる限りでいいから減らしてほしい」

普段ラッパー達をメインに撮影してる監督にお願いし、そんな依頼初めて受けました!と驚かれた。

 

 

 

 

そんな自分と長く付き合ってわかったのは、裏方で済むなら裏方で済ませたい。

 

 

 

前のバンドで数回テレビに出る機会があったが、とてもじゃないが慣れる気がしなかった。

 

コンプレックスが勝ってしまう人間には向かないのだろう。

 

自分の動いてるとこなんて見たくない。

 

 

 

 

ことPVの話でいうと、 もし自分の音楽に映像をつけるなら、誰かしら「人間」が映っててほしい。

 

 

 

 

それだけのことだ。 

できれば自分以外が好ましい。

 

 

 

 

しかし、好みのモデルさんを雇うことにお金払う発想もなく、だったら自分が。

 

 

 

 

 

そこに妥協する。

 

 

 

 

 

自分の見た目に自信があれば、まだマシなのだろう。

  

残念ながら全然無いし、今更欲しいとも思わない。

 

 

 

 

 

 

でも少し。

 

 

 

 

良い感じの見てくれに生まれたかったなぁと。

 

 

撮影を見返す、この時ばかりは思ってしまう。

 

 

 

 

 

 f:id:nakashimaqio:20170118182422j:image

 

 

 

 

東京は華やかである。

 

 

 

 

たまにハッとする。

 

10年住んでようが、全然普通じゃない。

 

 

ビルの32階で便器内に落とされたそれが一瞬で海抜0メートル以下の地中にストックされ、それをどっかの誰かがしっかり処理してくれてることくらい普通じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと想うのだ。

 

 

 

 

 

 

地方出身者のおれはよく。

この華やかな東京に夢を馳せ、今まさに上京してきた女の子のことを想像する。

 

 

 

 

 

 

 

なぜか野郎ではなく、その空想は女の子だ。

 

 

  

 

今まさにこの新宿に打ちひしがれ、このホームの何処かを彷徨っている。

 

 

だからなんだという話だが。

 

 

 

 

 

 

この街の明るさは、明るさを知らないおれらにしか分からない。

 

眼に余る眩さだ。

 

 

 

そんな、当たり前じゃないこの街が、ただただ愛しくて、ただただ憎い。 

 

 

 

 

 

 

 

もしまたここを離れることになっても、変わらないのだろう。

 

 

 

 

 

これからも。

一生。

 

 

 

東京がここにあり続ける限り、そうなのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする