読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

今日は朝起きて、洗濯物を処理しに行きつけのコインランドリーに行った。

なんと。

 

定休日、、。

毎月第一、第三火曜の悲劇。

 

月二回ということは、ひと月が約30日だから遭遇する確率は約15分の1。

なんてこった。

↑こういう風にすぐ数字に換算してしまうおれは算数だけが得意な少年だった。

 

気を取り直し、少し歩いた場所にある、近所の銭湯に併設された狭いコインランドリーにて処理。

 

今日はなんとなく美術館に行きたいと思い、革ジャンの乾燥にうごめくランドリーにてググるも、いわゆる絵画展とか、そういうものしか目につかなかった。

 

悪くないが、おれは立体の方が好きなのだ。

 

お。

 

青山に岡本太郎記念館なるものがあるらしい。

昔行った、、っけ。

忘れている。

 

 

おれの中の岡本太郎は本の中にいる。

岡本太郎の執筆した本は4冊ほど読んだと思う。

 

 

彼のつくる立体が好きである。

 

 

決まった。

場所はどこだ。

 

岡本太郎記念館で検索っと、、、

 

火曜定休

 

 

 

 

終わった。

 

 

今日はほんとダメだ。

コインランドリー待ちのさまよう爺さんとの会話すらままならないほど今日はダメな日だ。

 

とりあえず家へ引き返した。

 

 

いま、ギターを触ってみたり、作りかけの曲を作ってみたりしているが、なんだか心が落ち着かない。

 

 

引越し前の以前のブログの最後の記事に書いたが、いま、あまり調子がよくない。

 

 

こうやって何気ない日常を記すことで、なにかを見出したいと考えている。

 

多分、全ては自分の内面に潜んでいる。

 

 

それだけはなんとなくわかっている。

 

 

だれにも遠慮せず、たくさん書こうと思っている。

 

 

そうだ、CDのプレス代を払いに行かなくては。

決して安くはないが、多分、おれにとって大事なことなのだ。

 

 

遺作になってもいい。

そんな気持ちで作った。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする