大人の都合で泣く男の子。

 

お別れするクラスメイトと、サッカー部の友達たちへ鉛筆を買いに行くらしい。

 

 

 

 

 

 

 

小五の頃、好きだった女の子が転校した。

今も名前を覚えている。

好きだと伝えたかは定かではないが、その後二、三通手紙を出した覚えがある。

 

 

悲しかった。

 

 

小六になると新しく好きな女の子が出来た。

 

中一になると別の女の子を好きになってた。

 

 

 

子供心の循環は大人が心配するスピードの何倍も早い。

 

 

 

 

ま、おれのことはどうでもいいか。

 

 

 

子供は泣く。

親だけのせいにするかもしれない。

 

 

 

でもそれは家族の話。

君も家族の一員である。

親同士の不和は親同士だけの問題じゃない。

 

子供の気持ちだけに合わせていたら、親だって自分自身を見失ってしまう。

 

 

家族は運命共同体でもある。

離れたとしてもそうなる。

 

この世において最も特殊な関係性なのだと、いづれ理解する時がくるだろう。

 

 

 

 

そんなこと子供の頃に言われてもサッパリだろうが。

 

 

 

部活やってみたり、グレて先輩と遊ぶようになったり、バイトを始めてみたり、心から信頼出来る友達ができたり、夢に向かって走り出したり、挫折したり、仕事先で上司にどなられたり、友人が死んだり、一生過ごしたいと思える相手が出来たり、その子と別れたりして。

 

 

だんだん理解するようになる。

 

 

 

独り立ちするまでは、と思っていたものの、親元を離れて、やっと独り立ちが出来て、自由を勝ち取った気でいようが、それはずっと続く。

 

 

おれも最近知った。

 

 

 

大丈夫。

 

すぐ新しく楽しいことが見つかる。

 

 

まだまだ世界は知らないことばかりだろ?

 

ひろい世界。

 

おまえは可能性で満ち満ちてる。

 

大丈夫。

 

 

 

 

話聞いて涙が出そうな

いいかげんな叔父さんより。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする