三日間滞在しヨネくんは帰って行った。

 

 

ヨネくんはイラストレーターであり、おれが熊本に住んでた二、三年前に知り合った。

 

最初に存在を知ったのは、その当時行きつけていた熊本の人間交差点喫茶「PAVAO」の、蚤の市のフライヤーだったと記憶する。

 

 

ファンシーでグラフィカル、かつ繊細なタッチで見やすいフライヤーは物凄く印象に残った。

 

 

 

その後、なんとなしに知り合いになるも、今日に至るまでにしっかりと話したのは一回くらいであった。

 

たったの一回であったが、年も近いし、雰囲気的にだが、なんとなく気が合うだろうなと思っていた。

熊本で知り合った、数少ない、自分が興味を惹かれる人間の一人であった。

 

 

 

来年開催予定の個展の場所をリサーチしに来ていたらしいが、いいところが見つかったらしい。

 

よかった。

 

 

 

あまり遊ぶような時間はなかったが、夜、ヨネくんが持ち歩いてる今までの作品集を見せてもらっている時、あらためて凄い絵を描く人だなと思った。

 

 

 

 

おれもおれの作品を見せた。

 

 

いいクリエイターに作品を見せると、自分の作ったものの真価がよく分かる。

それは別に見せた相手が、良いとか悪いとか何も言わなくても、自分が気が付いてしまうのだ。

 

 

 

おれは自分のホームページを作り直すことにした。

 

 

ライブで、人前で歌って初めてその曲が本当に良いのかどうか分かるのと一緒だ。

 

経験上、一番身になる。 

 

 

 

自分が尊敬できることをセンス良く、充分に”やってしまってる相手”に対し、自分のやっていることを提示するだけ。

 

そうするだけで自分を客観視出来るし、さらに先が見える。

 

 

批評なんてのは二流の仕事だ。

 

 

 

 

ごちゃごちゃ言わんと背中で語れということである。

 

そんなことをあらためて確信した。

 

 

 

 

ちなみにこちらがそのヨネくんのホームページである。

 

yone.in

 

 

随時お仕事は募集中らしいので、見て興味もった人がいたら是非連絡を取ってみるといい。

 

 

きっといい仕事をしてくれると思う。

 

 

 

広告を非表示にする