読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 f:id:nakashimaqio:20161217014858j:image

 

 

 

年に5回ほどテレビを付けることがある。

 

 

DVDはよく借りて見てるので、この場合は地上波でも見てみるか、の意だ。

 

 

 

そんな心持ちになるのが最近は年5回ほどと少ない。

 

子供の頃は熱烈なテレビっ子だったのだが。

 

 

 

 

貴重なタイミングなのだが、そんな時、たまたま見たい番組をやってたりするから不思議だ。

 

一ヶ月の番組表を見渡したとして、唯一興味があると思えるような番組に、そういう日はだいたい当たる。

 

 

 

 

NHKの「ボブディラン特集」。

 

 

 

 

おれの中のボブディラン、なんて話をするほどおれはボブディランのファンではない。

だが、テレビでボブディランのドキュメンタリーをやってたのなら、それを見ない手はない。

 

 

 

 

ボブディランがフォークの新生として人気を博したのち、かの有名な”Like a rolling stone”を発表した頃の映像だった。

 

フォークなディランのファンになった人たちは、新しくエレキギターを構えたボブディランを痛烈に批判する。

 

 

 

そんな時期。

あるライブ会場での映像だった。

 

 

 

曲間でファンの一人が叫ぶ。

 

 

 

「ユダ!(裏切りもの)」

 

 

 

 

会場は大いに沸く。

実にアメリカらしい。

 

 

 

 

 

それを聞いたボブディランの一言はこうだ。

 

 

 

 

 

 

「おれはお前らになんか期待してない。」

 

 

 

 

 

 

静まり返る会場が映っていた。

 

  

どうやらおれはこの言葉を聞くためにテレビをつけたらしい。

もしかしたらファンの間では有名なエピソードなのかもしれない。

 

 

 

正直、その後のボブディランの歌詞制作の秘密みたいなドキュメンタリーはどうでも良かった。

 

 

 

 

身体が熱くなった。

 

これだからたまに見るテレビは辞められない。

 

 

 

 

 

今夜はボブディランを聴きながら寝ることにした。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする