読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:nakashimaqio:20170105202155j:image

 


駅中文化。

と呼ぶかどうかは分からないが、大都市ならではの、「駅中文化」が確かに存在している。

 



新宿などの一大ビックシティになると、なんなら地下で全ての生活用品が揃うんじゃないか?というほどの発展具合だ。


リアルに地下から一歩も出ずに、生活の全てをこなすことも可能だろう。

それに近いホームレスの方も居るように思う。

 

 


そんな可能性に満ちた駅中文化なのだが、外食における東京駅中文化の老舗といえば新宿「ベルク」だ。


おれの周りにもベルクファンはとても多い。

 


なので、ベルクについていまさらおれが書くことは何もない。

 

 


今回紹介するオススメの駅中スポットは、同じ新宿駅地下に位置するこちら。
カレーハウス「イマサ」である。

 

 

f:id:nakashimaqio:20170105201447j:image



いたって普通の駅中カレーのお店なのだが、その歴史は古い。

 


ざっと調べたところ、1964年からやっているらしい。
そして一番のポイントは、なかなかの人気店なのだが、チェーン展開せずにこの1店舗だけで現在まで経営。

 



つまりイマサの味は、新宿のこの場所でしか味わえないのだ。



初めて訪れたのは10年以上前だが、その味に感動を覚え、未だに足繁く通いつめている。

 


シャバシャバのカレーは好みじゃないおれにとって、イマサだけは特別。
値段も安く、どでかいチキンカツの乗ったカレーが530円だ。(以前は500円だった)

 

 


おれは初来店以来、このチキンカツカレーしか食っていない。

 

 


理由は最高だからだ。

 

 

 


京王地下にご用の方は、ぜひカレーを食いに行ってみるといい。



次回は渋谷駅中の蕎麦屋さん「双葉」を紹介しようと思う。

 

それではみなさん。

2017年も引き続きこの食レポブログをよろしく。

 

 

 

PS  今年はソロアルバム2枚目出します。

 


f:id:nakashimaqio:20170105202056j:image

 

 

 

広告を非表示にする