読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

こんなに毎日聴いていると、おれはこの曲について一文書かなければならないような気になってきた。

 

 

 

鬼  /  糸~意図~REMIX feat. BES, 漢

 

 

  

 

 

 

鬼は自身の壮絶な半生を綴った「小名浜」という曲で知られる福島県出身のラッパーである。

 

  

小名浜」は日本語ラップの一つの到達点として異論を挟まないものであるが、そこからの地続きに見えたこの楽曲の世界観を初めて触れた時は、なんというか、ビックリした。

 

 

 

 

 

親と子の繋がりを糸というテーマで紡いだこの曲。

 

 

 

 

 

まず耳に触れるのはそのサウンドだ。

 

 

日本語ラップのヘビーリスナーでもなかなか出会わない完成度のトラック。

 

ストリングスを中心に、そのサウンドは一本のよく出来た任侠映画さながらの起承転結を含み、ラッパーの言葉を走らせる。

 

鬼の2バース目のトラックなど圧巻である。

 

 

 

もちろんトラックとラップは表裏一体であり、混ざり合った形が結局のところヒップホップであるため、ではラップはどうか。

 

 

 

 

 

鬼、BES、漢なんて外すわけがない。

 

 

  

 

 

元々は鬼、BESの2MCによるマイクリレーの曲であったが、バイナル化にあたりMSCの漢が1バースを追加。

 

つまり流通しているCDとはバージョンが違う。(ちなみにバイナルは現在入手困難)

 

 

 

 

鬼やBESの時点でとてつもなくかっこ良い曲なのだが、そこに漢のバースが加わることでこの曲はよくも凄いところに到達している。

 

特に、漢の最後のフレーズでは毎回鳥肌が立つ。

 

 

 

 

 

彼らの子供時代を想像するに、壮絶な様相と同時に実は日常に点在してるであろう風情を呈す。

 

 

なお、漢の著書、ヒップホップドリームでは痛快かつ飄々とその様子が描かれているが、それは本人があくまで前向きに捉えた心の鏡文字であり、ヒップホップという表現に出会いタフに生きてきたからこその飄々さ。

 

 

 

決して当たり前に出せるものじゃない。

 

 

 

また、本作品の首謀者、鬼は日本語ラップの世界でも最上級に文学的なリリシストだと称されるラッパーである。

 

 

前記した「小名浜」を聴けば一発だろう。

 

 

 

その曲達に共通するのは、なんとも重苦しい色合いだ。


獄中で書かれた曲も多いことも影響しているだろう。

 

 

 

 

 

こんな歌詞がかけるラッパーは本当に稀な人種だと思う。

 

 

 

日本語ラップの一つの到達点。

 

 

 

2011年作。

 

 

日本語ラップファンを名乗り、

この曲を知らなかった事を恥じたほどだ。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする