読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

舟と舟レコーズのメイン(?)キャラクターを描いた。

 

とくに名前は、無い。

 

 

無心に色を塗っていると、とても心が落ち着く。

別に絵が描きたいわけではなく、色を塗りたいがためにその対象を描いている気がする。

 

おもいっきりアホでシュールなものか、幾何学的な雰囲気のものがタイプである。

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

 

 

スタンリーキューブリック作。

2001年宇宙の旅」を観て、どうしようもない心模様になっている。

 

途中から胸の鼓動が収まらなかった。

 

 

SF映画の金字塔と言われる本作だが、SF映画を好んで見ることがないので、なんとなくスルーしていた。

 

 

その日の目的の映画。

 

羊たちの沈黙が全借りされており、シャイニングと迷った結果、なんとなくこっちを借りた。

 

 

見終わったあと。

一人で唸った。

 

 

凄い映画を選んでしまったと。

 

 

なんて寂しい気持ちになる映画なのだろう。

一人でいるのがとても怖い。

 

ラストの意味がわからない、という話はたまに耳にしていたのだが、感覚の視覚化であり、説明は要らないのだろう。

意味不明という”意味”を持たせたのだと理解。

 

 

あれが狙って作られたのであれば、キューブリックはキマっている。

 

 

 

ラストも含めて、あまり文章で解説するような映画じゃないと思う。

 

 

 

何度も書くが。

 

 

すごい映画。

 

観た人ともっと分かち合いたくなる。

 

 

分かり合えないその続きを。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする