元B-BOY。

 

 

f:id:nakashimaqio:20170113235046j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 

= 2016年 極私的 Japanese Hip Hop 5選 =

 

自他共に認める日本語ラップファンであり、シンガーソングライター兼、元B-BOYの私が勝手に選別し、一年で最も良かった日本語ラップの楽曲を発表するというこの企画。

 

アルバムとしてはjjjの「Yacht Club」を良く聴いたが、過去作なんで、2016年作のPVに絞って。

 

趣味として、年に一回発表しようかと思っており、今回がその第一回目。 

一回目なので軽く5選。

 

 

では勝手に開始。 

 

 

 

1, Refugeecamp - 4seasons ( Music Video )

 

 

 

 

札幌のヒップホップクルー「Refugeecamp」。正直あまり詳しい情報は知らない。メンバー全員若そうだ。バトルで知られる、MC松島氏が所属してることで認知されてる部分も多少ありそうだが、単純に楽曲のクオリティとして、2016年の最高峰。HAVIT ARTが手がけたLick-GのPV見て感じた未来感と、同じような「新世代感」を感じた。

 

 

 

 

2, Lick-G - Trainspotting

  

 

 

先述したLick-Gの「Trainspotting」。圧倒的なスキル。気持ち良さ。安心感に尽きる。

以前のブログにも書いたが、こちらもバトルで名を挙げたラッパー若干17歳。2016年はバトルからの音源発表でプロップスを固める。そんな流れが日本でも生まれた年でもあった。

 

 

 

 

 4、KOHH - Business and Art

 

 

説明不要。とはいえ外すわけにもいかないKOHH。2016はジャパニーズヒップホップ勢で唯一フジロックに出演した。繰り出させる話題の多さからか、これが2016年作だったことすら錯誤感。宇多田ヒカルとの忘却も良かった。話題に欠かない日本語ラップのトップランカー。アルバムも良かった。

 

 

 

 

4、Jinmenusagi ×DubbyMaple - はやい

 

 

聴けば聴くほどすごいジメサギ。完全に才能が花開いてる。声のざらざらした質感、言葉選び、フローの気持ち良さはもう日本トップでしょう。ギャングスタにならない、オタクな方向性もなんだか良い。嫌が応にも期待が止まらない。

 

 

 

 5、OKAMOTO'S  - 「NEKO(Remix) feat.呂布/MUD」

 

 

やや番外だが、OKAMOTO'Sの「NEKO(Remix) feat.呂布/MUD」。KANDY TOWNの活躍は今年のトピックとして外せないが、あえて、これ。好みの問題ね。ベースが最強です。ラップもかっこいい。

 

 

 

 

総評:

PUNPEEとSTUTSの「夜を使い果たして」や、呂布カルマと6EYESの「BANG BANG」なんかも良かったけど、結果平成生まればかりというか、昭和生まれとして不安になるくらい、やはり新しい感性にやられた一年だったかな。元SLUM RCのC.O.S.A.やCAMPANELLA、KID FRESINOも目立ってた。Creepy Nutsも良かった。2017もヒップホップ楽しみね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 

しばしの熊本。

短くかんずる。

 

 

一ヶ月くらい滞在してみたいのも、 

ないものねだり。

 

  

滞在中、落ち着いて見れなかったKOKをAbemaで閲覧。

 

 

ガドロが完全に花開いていた。

その表現の質に感動。 

 

 

 

一本筋が通っていた。

 

 写真でいうとこんな感じ。

 

 

 

 

f:id:nakashimaqio:20170113215722j:image

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170113212109j:image

 

高円寺をブラつく。

 

理由もなくブラつけるほど、高円寺は好きな街である。

 

 

最近たまにギターを試奏しに行く、ギター屋さんがあることから、高円寺行きに拍車がかかっている。

 

 

f:id:nakashimaqio:20170113212122j:image

 

 

そのまま阿佐ヶ谷の自宅まで歩いて帰れるのもいい。

 

ライブをやることも、見に行くことも多かったし、レコ屋や古着屋、好きな店も多い。

 

 

 

スープが少しぬるいことでおれの心をガッチリ掴んでいるラーメン「大」の二郎ラーメンを食し、無限堂で少し買い物をした。

 

 

 

 

一週間ほど熊本に帰郷していたため、感覚を東京に慣らす。

 

 

 

 

Society6という海外のサイトで、英語で注文した品物が家に届いていた。

 

 

アガる。

 

 

 

 

西岡兄弟の絵本も届いていた。

 

 

アガる。

 

 

f:id:nakashimaqio:20170113212147j:image

 

 

消費社会の住人である。

 

 

 

西岡兄弟の絵本を少しづつ集めている。

 

 

絵本といっても、R15な内容であり、なかなか過激な、大人の絵本だ。

 

爽快なエロチシズムと哲学が詰まっている。

 

 

 

 

なんとなくワインを買って帰った。

 

 

 

明日から仕事する。

 

予定。

 

 

 

切り替えたくないが。

切り替えをしなきゃならない。

 

 

そのままの、ありのままの自分100%では、社会の役に立ったとしても、友達を少し笑わせるくらいで、生活できるほどの金にはならない。

 

 

 

せめて60%

 

多めにバイアスをかます。

  

 

 

 

思い込みかもしれないが、いまはそれしかない。

 

 

 

 

 

目的地は見失わない。

 

よくわからんまま日々が流れて、魂が磨り減るだけの暮らし。

 

 

 

 

そうならならないようにだけ。

 

意識を持った。

 

 

 

 

背伸びしたところで。

 

やれるのは生活と音楽くらいだ。

 

 

 

 

というわけで。

 

今年もしくよろ。

( ◠‿◠ ) 

 

 

 

チェケ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

 f:id:nakashimaqio:20170107160421j:image

 

何気ない報告なのだが、耳栓にハマっている。

 

 

 

もうね。

 

疲れなさ、が全然違う。

疲れ、じゃなくて疲れなさ。

 

 

 

 

バスや電車や飛行機。

移動のマストアイテムになりつつある。最近。

 

 

 

 

耳栓は勘違いされやすいのだが、話し声はちゃんと聞こえる。

 

 

よく出来てる。

要らない周波数帯だけカットする。

なので、アナウンスなど、大事な部分を聞き逃すことはあまりない。

 

 

 

イヤホンで音を足してばっかりだったのが、”音を引く”という発想に辿り着いた自分を褒めてやりたい。

 

 

 

心が「スン」として、ノイズだらけの世界を知る。

 

 

 

 

ノイズは聴きたい時に、

 

身を乗り出して聴くもんだ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170105202155j:image

 


駅中文化。

と呼ぶかどうかは分からないが、大都市ならではの、「駅中文化」が確かに存在している。

 



新宿などの一大ビックシティになると、なんなら地下で全ての生活用品が揃うんじゃないか?というほどの発展具合だ。


リアルに地下から一歩も出ずに、生活の全てをこなすことも可能だろう。

それに近いホームレスの方も居るように思う。

 

 


そんな可能性に満ちた駅中文化なのだが、外食における東京駅中文化の老舗といえば新宿「ベルク」だ。


おれの周りにもベルクファンはとても多い。

 


なので、ベルクについていまさらおれが書くことは何もない。

 

 


今回紹介するオススメの駅中スポットは、同じ新宿駅地下に位置するこちら。
カレーハウス「イマサ」である。

 

 

f:id:nakashimaqio:20170105201447j:image



いたって普通の駅中カレーのお店なのだが、その歴史は古い。

 


ざっと調べたところ、1964年からやっているらしい。
そして一番のポイントは、なかなかの人気店なのだが、チェーン展開せずにこの1店舗だけで現在まで経営。

 



つまりイマサの味は、新宿のこの場所でしか味わえないのだ。



初めて訪れたのは10年以上前だが、その味に感動を覚え、未だに足繁く通いつめている。

 


シャバシャバのカレーは好みじゃないおれにとって、イマサだけは特別。
値段も安く、どでかいチキンカツの乗ったカレーが530円だ。(以前は500円だった)

 

 


おれは初来店以来、このチキンカツカレーしか食っていない。

 

 


理由は最高だからだ。

 

 

 


京王地下にご用の方は、ぜひカレーを食いに行ってみるといい。



次回は渋谷駅中の蕎麦屋さん「双葉」を紹介しようと思う。

 

それではみなさん。

2017年も引き続きこの食レポブログをよろしく。

 

 

 

PS  今年はソロアルバム2枚目出します。

 


f:id:nakashimaqio:20170105202056j:image

 

 

 

広告を非表示にする

f:id:nakashimaqio:20170102100614j:image

 

東京正月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする